モテるゾウが恋愛相談受付中

モテる男のLINEテクニック!好きな人とのライン頻度や文字数、絵文字の使い方を全公開

モテる男のLINEテクニック! 好きな人とのライン頻度や 文字数、絵文字の使い方を 全公開

LINEは、コミュニケーションツールとして欠かせないアプリになっています。

好きな人とのやりとりでもLINEを利用する人が多く、うまく使えば相手との関係を縮めることもできます。

でも、「なかなかうまくいかない」という人もたくさんいます。

ユート

好きな女の子とLINEすると、いつも途中で返事が来なくなるんだけど…

モテない使い方をしているからだゾウ

モテるゾウ

ユート

モテない使い方?

そうだゾウ

LINEはコミュニケーションツール

会話と同じで、「テクニック」がないと女性に嫌われるゾウ

モテるゾウ

ユート

どうすればいいの?

モテる男のLINEテクニックを身につければ、誰でも女性とのやりとりを続けられるようになるゾウ

モテるゾウ

この記事では、モテる男のLINEテクニックについて、誰でも簡単にマネできるように分かりやすく解説します。

リアルとLINEでキャラを統一する

モテる男のLINEテクニック 見出し1

ユート

リコちゃんとLINEを交換できた!

最初が肝心って言うし、テンション高めの挨拶を送ろうかな

ユートはリアルでもテンションの高いキャラなのか?

モテるゾウ

ユート

え?いや…

どちらかと言えば暗めかな

それなら、テンション高めのメッセージを送るのは止めた方が良いゾウ

モテるゾウ

好きな人とLINE交換できたら、嬉しくなって「すぐやりとりを始めよう」と思いますよね?

雑誌や恋愛ブログを見れば、「モテるLINE術」や「女性を落とすLINEテク」がいくつも紹介されているので、書いてあるとおりにメッセージを送ろうとするでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

送ろうとしているメッセージの内容、リアルのあなたのキャラとのギャップが大きくありませんか?

LINEを使ってやりとりするのは、リアルで知り合った女性です。

リアルとLINEでキャラを変えると、「どう接したら良いんだろう」と相手が困るので、避けなければなりません。

例えば、リアルでは顔見知り程度の相手に、親友宛と同じようなメッセージを送るのはNGです。

また、普段から仲の良い相手に、LINEでよそよそしいメッセージを送るのも好ましくありません。

ユート

暗い印象を持たれてそうだから、LINEでは明るく振る舞おうとしたんだけど…

気持ちは分かるが、相手に怖がられるゾウ

マンガやドラマの登場人物と同じで、キャラがブレると魅力が半減するゾウ

モテるゾウ

リアルでは陰キャだと自覚している人ほど、「明るく振る舞った方がモテる」と思い込み、LINEでは明るく振る舞おうとします。

よくあるLINEテクニックを信じ込んで、絵文字や顔文字を使って陽キャを演出するわけです。

でも、リアルで暗めな人がLINEで明るく振る舞っても、相手を怖がらせるだけで良いことは何もありません。

LINEでメッセージを送るときは、常にリアルのキャラを意識し、ギャップが生じないようにしましょう。

ポイント

・リアルとLINEでキャラを統一する

余裕を持ってやりとりをする

モテる男のLINEテクニック 見出し2

ユート

リコちゃんから返事が来たよ!

なんて返そうかな~

あ~テンション上がるなあ!

落ち着くんだゾウ

興奮すると失敗しやすいんだゾウ

モテるゾウ

誰だって、好きな人とLINEでやりとりするときはテンションが上がります。

でも、興奮しすぎると「やる気」が空回りして思わぬ失敗をしてしまうものです。

リアルでも気合が入りすぎて失敗することってありますが、LINEでも同じです。

例えば、次のような失敗をやらかしたことはありませんか?

  • 勢いに任せて空気を読まないメッセージを送った
  • 読み返しもせず誤字脱字ばかりのメッセージを送った
  • 急に脈絡のない話を始めた
  • 女性の話を無視して自分好みの話題に切り替えた
  • やりとりを続けたくて返事を催促した

こうしたメッセージを送ると、相手の女性は返事するモチベーションを失い、あなたとのやりとりを終わらせようとします。

リアルで関係が浅い場合は、「何なのコイツ」と思われて、二度とやりとりしてもらえなくなるリスクもあります。

好きな人とのやりとりを続けたいなら、まずは落ち着き、家族や友人とやりとりするときのような余裕を持ちましょう。

ユート

自信ないなあ…

具体的に心がけるべきことは3つあるゾウ

モテるゾウ

相手の都合を優先する

恋愛に慣れていないと、LINEのやりとりで何とか距離を縮めたいと思います。

そして、相手が乗り気でなくても、「もっとやりとりを続けたい」という自分の都合を優先してメッセージを送り続けてしまいます。

これでは相手の気分を損ねるだけです。

自分の都合はひとまず置いておき、相手の都合を優先しましょう。

例えば、相手が「忙しい」と言ってくれば、「大変だね。体調には気をつけて、無理しないでね」といった内容を送ります。

女性の「忙しい」は「やりとりを終わりたい」と同じ意味ですが、追求はしません。

気遣う言葉を添えて相手の都合を受け入れ、こちらからやりとりを終えて、ガッツいていないことをアピールするのです。

やりとりが終わって残念かもしれませんが、相手に悪い印象を与えずに済みます。

気遣いが相手に届くとは限りませんが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」と言うので、撃つだけは撃っておきます。

返事が来なくても追い打ちはかけない

いつまで待っても返事が来ないと不安になり、「忙しいの?」、「大丈夫?」などと送ってしまいがちです。

追い打ちをかけると、返事はもらえるかもしれませんが、「しつこい」、「うっとうしい」と思われて関係性が悪くなります。

既読がついているのに返事が来ないなら、相手なりに事情があるのです。

話題が退屈でスルーされたか、忙しくて返せないのかは分かりませんが、相手のことを考えて追い打ちはかけないようにしましょう。

ユート

「時間あるときに返してくれれば大丈夫だから」って送るのはありだよね?

ユートよ、本気で言っているのか?

モテるゾウ

返事が来ないときに、「時間あるときに返してくれれば大丈夫だから」と送ったことはありませんか?

気を使ったつもりだと思いますが、相手が受ける印象は追い打ちメッセージと変わりません。

むしろ、「返事を要求してくるなんて厚かましい」と思われて嫌われるリスクもあります。

女性から見た自分のポジションを理解する

相手のことが好きなら、何を差し置いてもすぐに返事をしますよね?

返事が遅いまたは来ないのは、あなたが女性にとって「その他大勢」の1人に過ぎないからです。

厳しいかもしれませんが、LINEのやりとりから、女性から見た自分のポジションを理解しましょう。

ユート

返事が来ないとやっぱりショックだなあ

今が底辺だから、いくらでも関係を縮めていけるゾウ

モテるゾウ

リアルでそれほど仲良くない相手と、LINEでいきなり親しくやりとりできるなんて激レアケースです。

「メッセージを送れば返事が届くもの」と思っている人は多いですが、それほど親しくない女性とのやりとりでは返事が途切れることは珍しくありません。

返事が来なくても慌てず、「最初はこんなものだろう」と思っておきましょう。

ポイント

・余裕を持ってやりとりする

・相手の都合を優先する

・返事が来なくても追い打ちはかけない

・女性から見た自分のポジションを理解する

話題がないなら簡単な依頼する

モテる男のLINEテクニック 見出し3

ユート

やりとりしたいのに、話題が思いつかない…

簡単な依頼をしてみると良いゾウ

モテるゾウ

LINEで女性とやりとりを繰り返して距離を縮めるには、コミュ力が求められます。

リアルでもコミュ力の高い男性は顔やスタイルに関わらずモテますよね?

LINEのやりとりでも話題の引き出しが多く、楽しくやりとりできる人がモテるのは変わりません。

ユート

え、それじゃあ僕には無理だ…

あきらめる必要はありません。

話題がなくて困るなら、相手に簡単な依頼をして話題を作ればいいんです。

例えば、「明日の講義って何時からだっけ?」とか「この前話してたお店の名前、何だっけ?」といった内容を送り、相手に答えてもらうのです。

話が展開しそうなら続けてもかまいませんが、質問の答えが返ってきたらやりとりを終えます。

相手も「ちょっとしたやりとり」を想定して応じているからです。

無理に続けようとすると退屈な内容になり、「あなたとのやりとりはつまらない」と思われるリスクもあります。

ユート

すぐ終えるって、そんなやりとりに何か意味があるの?

単純接触効果(ザイオンス効果)だゾウ

モテるゾウ

簡単なやりとりでも、やりとりをすること自体に意味があるんです。

私たちには、何度も見たり聞いたりした対象に良い印象を抱く傾向があります。

心理学では「単純接触効果(ザイオンス効果)」と呼ばれており、今や恋愛やビジネスの基本中の基本として知られています。

話題がなくても簡単なやりとりを繰り返すと、単純接触効果で相手の女性との距離を縮められることがあります。

会話の引き出しを増やして雑談力を磨く

当然ですが、単純接触効果だけで女性にモテることはできません。

「よくLINEでやりとりする相手」くらいにはなれますが、その先を目指すなら、雑談力を磨く必要があります。

ポイント

・話題がないなら簡単な依頼をする

「聞く」「理解を返す」「共感する」の3つを意識する

モテる男のLINEテクニック 見出し4

モテる男のLINEテクニックで最も大切な重要なのは、「聞く」、「理解を返す」、「共感する」の3つです。

実はこの3つ、女性にモテる会話術の基礎テクニックですが、LINEにも応用することができます。

LINEの「聞く」テクニック

ユート

LINEって読むものだよね…

聞くってどういうこと?

相手の話に興味を持っていると示すことだゾウ

モテるゾウ

LINEで女性とやりとりを続けるには、メッセージの内容をしっかり読み、興味があることをメッセージで示す必要があります。

女性の多くは、自分の話を聞いてほしいと思っていて、聞いてもらうと喜んで話を続ける傾向があるからです。

モテる男が実践しているLINEで「聞く」テクニックは、リアルの会話とは少し違います。

相槌(あいづち)をうつ

相手に話を続けてもらうのに不可欠なのが、相槌をうつことです。

誰かの話を聞くときは「うんうん」と言ったり、頷いてみせたりしますよね?

多くの人が会話の中で自然に実践していますが、相槌が会話の継続に大きな影響を与えることは、心理学の実験で明らかにされています。

相槌に関する実験

実験では、被験者を話し手と聞き手に分け、話し手はひたすら話し続けるよう指示を受けました。

一方の聞き手は、①相槌をうつ、または②相槌をうたないという指示を与えられました。

そして、話し手と聞き手に会話をさせて、相槌の有無が話し手に与える影響が確認されました。

実験の結果、聞き手が相槌をうつと話し手は話し続けられますが、相槌をうたないと話が途切れがちになることが分かりました。

多くの被験者を用いて同じ実験が繰り返されましたが、結果は同じでした。

参考:対話状況における聞き手の相づちが対人魅力に及ぼす効果

ユート

確かに、相槌がないと「ちゃんと聞いてる?」って思うよね

モテるゾウ

ユート

…一人で話してる気がして虚しくなるというか…

モテるゾウ

ユート

相槌うってよ!

LINEのやりとりでは、頷きを「うんうん」と文字にしたり、スタンプを送ったりして相槌を表現します。

相手の話を遮るのは良くありませんが、タイミングよく相槌をうてば、相手は気分良くやり取りを続けることができます。

相槌上手になると「やりとりしやすいし、気が合うのかな」と思ってもらいやすくなりますよ。

話を遮らない

リアルで相手の話を遮ると嫌な顔をされますが、LINEでも同じです。

よくあるのが、相手の話を聞いているうちに過去の体験を思い出し、一方的に語りだすことです。

「今、私が話してるんだけど」などと不満を言われることはなくても、相手はやりとりを続けるモチベーションをなくします。

そして、いくら相槌をうってフォローしても相手の反応は悪いままで、やりとりは打ち切られます。

つい話を遮ってしまうことはリアルでもLINEでもありがちですが、LINEの場合は遮った後のフォローが難しいので要注意です。

どうしても話したいことがあるときは、「ちょっと、話してもいいかな?」と前置きをして、相手の了解を得るようにしましょう。

質問する

話の内容に質問することも、興味を持って聞いているアピールになります。

ポイントは、「自分が聞きたいことではなく、相手が答えやすい内容を聞くこと」です。

例えば、新作映画を観たという話を聞いている場合、主演俳優、大筋のストーリー、感想などは答えやすい内容です。

一方で、上映時間や詳しい見どころは答えにくいですし、誰と観に行ったのか、どこで観たのかなどは答えたくないこともあるでしょう。

相手が「答えにくい」または「答えたくない」質問は嫌がられるので、答えやすい質問だけにするのが無難です。

オウム返しは使いづらい

リアルの会話では、話を聞いていることを示すために「オウム返し」と言うテクニックを使うことがあります。

例えば、「職場の上司がさ~いちいち細かくて疲れるんだよね~」と言われたときに、「職場の上司が細かくて疲れてるんだね」と返すのがオウム返しです。

「ちゃんと話を聞いているよ」と言うことを伝えるテクニックの一つですが、LINEでは使いづらいです。

なぜなら、LINEのメッセージは後で読み返すことができるからです。

そして、実際にメッセージを読み返す女性が多いです。

オウム返しばかりしていると、後でメッセージを読み返した女性に、「無理して話を合わせてくれていたんだな」と思わせるリスクがあります。

LINEの「理解を返す」テクニック

LINEのやりとりでは、話の内容を理解していることを伝えるのに「理解を返す」作業が大切になります。

リアルの会話でも使いますが、相手の表情や反応が見えないLINEのやりとりでは、安心して話を続けてもらうために欠かせないテクニックです。

要約する

理解を返すための基本テクニックは、相手の話を要約することです。

単に、「つまり言いたいのは〇〇ということだよね?」と返すとトゲがあります。

また、間違っていたときに恥ずかしいです。

「ちゃんと理解できてるか確かめたいから、整理させてね」と前置きしましょう。

要約するときは、「話が分かりにくい」というニュアンスが出やすいので注意が必要です。

相手の言いたいことを少しだけ言語化する

例えば、「急ぎの仕事が入ったのに、上司も先輩も家庭の事情で帰っちゃった」という話を聞いたとします。

「大変だね」とか「しんどいね」と答えるのも間違いとは言えませんが、十分とは言えません。

相手がわざわざメッセージを送ってきた理由を考えて、「一人で対応しないといけないんだね、つらいね」くらいは返したいところです。

相手の言いたいことを代弁してあげると、「話を理解してくれている」と思われ、やりとりを続けたいと思ってもらえます。

でも、言語化しすぎるのはNGです。

話すこと自体を楽しみたいと思う女性が多いので、全て代弁してしまうと気分を損ねてしまうことがあります。

また、「先読みされすぎて気持ち悪い」と思う人も少なくありません。

共感する

女性とのやりとりで最も重要なのが「共感する」ことです。

いくら話を聞いてあげても、共感できないと女性との関係を縮めることはできません。

例えば、帰宅途中に雨に降られたという話を聞いていたとします。

「そうなんだ」なんてそっけなく答えると、それ以上話したいとは思ってもらえません。

「運が悪かったね」というのも、興味がないと思われてしまうでしょう。

話を引き出したいなら、「最悪だね~一日頑張った帰りに雨に降られるなんて、本当にテンション下がるよね」くらいは返しましょう。

共感されたと感じるとさらに話を続けてくれますし、「私のことを分かってくれてる」と思ってもらえます。

感情に共感する

ユート

共感が大事なのは分かるけどさ

経験ないことに共感するのって難しい…

経験に共感なんてワシもできん

共感は、経験ではなく「感情」にするものだゾウ

モテるゾウ

共感するのが難しいと思っている人の多くは、共感する対象を間違えています。

共感の対象は、相手の「感情」です。

例えば、「同僚が大勢いる前で上司に叱責された」という話を聞かされたとします。

「同じ経験がないから共感できない」と思うかもしれません。

でも、共感するのは叱責された経験(出来事)ではなく話し手の感情です。

同僚の前で上司に叱責された経験はなくても、人前で誰かに叱られて恥ずかしさや惨めさを感じたことはあるでしょう。

その時の気持ちを思い出し、話し手の気持ちに共感するのです。

経験を添えるとリアリティーが増す

相手の話に共感するときは、自分の経験を添えるとリアリティーが増します。

上で紹介した上司に叱責されたケースなら、「高校の授業中に問題を解かされて間違ったら、教師に叱責されて恥ずかしかった」と話すことが考えられます。

経験談を話すことで、「似た経験をしているから、本当に私の気持ちを分かってくれてる」と思ってもらえます。

でも、自分の話をしすぎるのはNGです。

話の主役はあくまで女性ということを忘れないようにしましょう。

ポイント

・聞く

・理解を返す

・共感する

相手が気持ち良く返信できるメッセージを送る

モテる男のLINEテクニック 見出し5

ユート

うーん、やりとりは続くようになってきたんだけど、何だか盛り上がらないなあ…

相手が返しやすいメッセージになっているか?

モテるゾウ

ユート

え?

話の流れに沿って返してるだけだけど?

ラインのやりとりは「言葉のキャッチボール」

相手がキャッチしやすい球(メッセージ)を送らないと投げ返して(返事して)もらえないゾウ

モテるゾウ

ラインのやりとりは、キャッチボールに例えることができます。

キャッチボールは、試合のように勝ちかけが目的ではなく、2人が1つのボールを投げてはキャッチする昔ながらの遊びです。

恋人や親子が適当な距離を空けて向かい合い、お互いに相手が受け取りやすい強さや方向を意識してボールを投げ合います。

変化球でメリハリをつけることもありますが、続けること自体が目的なので、相手を思いやりながらキャッチしやすい球を投げるのが基本です。

LINEのやりとりもキャッチボールと同じで、相手が返信しやすいメッセージを送り続けることがやりとりを続ける秘訣です。

ブレ玉や消える魔球、低空カーブなんて投げ込むと、相手は驚いてしまい、やりとりを続ける意欲をなくします。

考えずに返せるメッセージを送る

ユート

返信しやすいメッセージ…

そう言われても、すぐには思いつかないな…

相手の気持ちになって考えるんだゾウ

モテるゾウ

返信しやすいメッセージというのは、返事の内容を考えなくても頭に浮かぶようなメッセージです。

届いたメールをじっくり読み、いちいち返事の内容を考えるのは疲れます。

考えなくても感覚的に返せる内容を意識しましょう。

ユート

え?え?

具体的な内容を教えてよ

イメージしにくいなら、送ろうとしているメッセージを自分が受け取ったときにどう返すかを考えてみてください。

メッセージを見た瞬間に返事が思い浮かべば「返信しやすい文章」で、返す内容を考えてしまうなら「返信しにくい文章」です。

返事がすぐ思い浮かんだら、その後の話の流れもイメージしましょう。

簡単にイメージできれば、やりとりが続けやすい内容と言うことです。

イメージしにくければ、やりとりがすぐ終わる可能性があるので、返し方を考え直してみます。

「?(クエスチョンマーク)」は使いすぎない

質問することは、相手の話に興味を持っていると示す効果があります。

でも、文章の末尾に「?」をつけすぎると、相手にネガティブな印象を与えてしまいます。

やりとりの最中は大きな問題は生じませんが、女性はメッセージを読み返すので、やりとりの後で「?」が多いことに気づかれます。

「?」が多いと、「話を理解してもらえていない」とか「質問攻めにされている」という印象を与え、女性があなたとのやりとりに消極的になるリスクがあります。

ユート

質問するときはどうするの?

質問するときは「?」を付けても問題ありませんが、質問だけが目立たないよう他のメッセージも送りましょう。

前の項目に書いた「聞く」「理解を返す」「共感する」を実践すれば、質問ばかりすることにはならないはずです。

その他大勢から抜け出すには「ギブ&ギブ」の姿勢が必要

ユート

もっと気楽に送りたいんだけど…

女性に振り向いてもらえなくて良いなら、勝手にするんだゾウ

モテるゾウ

ユート

はっきり言って、好きな人とのLINEのやりとりは、手間も時間もかかります。

でも、好きな人との距離を縮めたいなら、これくらいの労力を惜しんでいてはダメです。

だってあなたは、相手の女性がLINEでやりとりしている大勢の男性のうちの一人に過ぎないんですよ。

「その他大勢」の中から抜け出して女性に振り向いてもらうには、他の男性と差別化を図る必要があります。

それには、女性に「あなたともっと話したい」と思わせなければなりません。

「女性と対等な立場」や「ギブ&テイク」を求める男性が多いですが、好きな人との距離を縮めたいなら、見返りを求めず与え続けることが重要です。

とはいえ、ずっと与え続ける必要はありません。

返しやすいメッセージを送り続けることで、「返事がしやすい。気が合うのかな」と思ってもらえれば、女性からやりとりを求めてくるようになります。

ポイント

・考えずに返せるメッセージを送る

・「?」を使いすぎない

・ギブ&ギブの姿勢を持つ

LINEの頻度と文字数は相手に合わせる

モテる男のLINEテクニック 見出し6

ユート

話したいことが多すぎてメッセージが長くなっちゃった

リコちゃんからも長いメッセージが届くのか?

モテるゾウ

ユート

リコちゃんは1行か2行そこらだけど?

あ、返事来たしすぐ返さなきゃ!

30分も待ったよもう!

モテるゾウ

ユート君、空回りしてますね。

好きな人とLINEするときの文字数や返事を返す頻度は、相手に合わせましょう。

返信の頻度は相手に合わせる

「自分のことをたくさん伝えたい」、「返事が来ないと不安になる」という気持ちは分かります。

でも、相手の立場で考えてみてください。

あなたがガッツリ話す気でも、相手はやりとりに乗り気ではないかもしれません。

そんなときにメッセージを送るとすぐ返事が来て、既読スルーすると「どうしたの?」と追い打ちをかけられたらどう思うでしょうか?

返事を返すのに疲れてしまいますよね。

返信の頻度は相手に合わせましょう。

相手が3分で返事をしてきたら、すぐ返したい気持ちを抑えて3分待ってから返します。

1時間くらい間が空いて返事が来たら、1時間空けて返事を送ります。

返信の頻度は、女性の性格やあなたとの関係性によって変わるので、「〇〇分で返すのが良い」、「すぐ返すのが良い」というのは間違いです。

相手の女性が返してくる頻度が、その人の「ちょうど良いスピード」です。

やりとりの中で確認して合わせてあげましょう。

でも、まったく同じ頻度で返すと、「時間を計ってるの?」と怖がられるので、ときには返す時間をズラしてメリハリをつけることも大切です。

返信の頻度を合わせると「気が合う」と思ってもらえる

ユート

返信の頻度をリコちゃんに合わせてるけど、なかなか返事が来ないと寂しいな…

急いては事を仕損じるとゾウ

それに、返信の頻度を合わせると、気が合うと思ってもらいやすいんだゾウ

モテるゾウ

会話のテンポが会う人って、話しやすくて「気が合うな」と思いますよね?

LINEのやりとりでも同じです。

返信の頻度を合わせていると、相手に「気が合いそうだな」と思ってもらえるようになります。

リアルでそれほど親しくなく、当たりさわりのないやりとりしかしなくても、返信の頻度で2人の共通点を作ることで距離を縮められるのです。

ユート

おお!

それならいくらでも待てるよ

(何時間も返事がないならスルーの可能性もあるゾウ)

モテるゾウ

文字数も相手に合わせる

メッセージの文字数も相手に合わせます。

女性から届くメッセージの文字数は、女性の性格やあなたとの関係性によって大きく変わります。

メールのように長めのメッセージが好きな人もいれば、1~2分の短いメッセージが好きな人もいます。

長めのメッセージが好きだけど、あなたとの関係性を考えて短いメッセージを送って来ることもあります。

メッセージを送るときは、相手の文字数や行数を確認し、同じくらいで返しましょう。

長文を送るときは上限を意識する

ユート

伝えたいことがたくさんあるから、たまには長文を送っても良いよね?

…嫌われる覚悟はあるんだな?

モテるゾウ

LINE最大のメリットは、会話のようにテンポよく相手とやりとりできるところです。

伝えたいことが多いからといって長文メッセージを送ると、相手の女性は読み手にならざるを得ず、一方通行のやりとりになります。

あなたは伝えたいことが伝えられて満足かもしれませんが、相手は読むのに時間を取られて疲れ、返事を送ろうというモチベーションも下がります。

相手から長文メッセージが届いたときに、同じくらいの量を返すのはOKです。

でも、相手からのメッセージが短文ばかりなのに、いきなり長文を送り付けるのはマナー違反です。

相手より長めのメッセージを送りたいときは、1回のメッセージで送る文字数は120文字以内、行数は10行以下を心がけましょう。

日本語だと12文字で改行されるので、10行みっちり書いて120文字です。

基本的には相手の文字数に合わせ、伝えたいことが多いときでも上限を意識しましょう。

ユート

120文字ってTwitterより少ない…

まずは120文字以内で送り、反応が悪くなければ続ければ良いゾウ

モテるゾウ

ユート

それならできそう!

…「相手に合わせる」という基本は忘れるでないゾウ

モテるゾウ

ポイント

・LINEを返す頻度は相手に合わせる

・メッセージの文字数も相手に合わせる

絵文字やスタンプの使い方は相手に合わせる

モテる男のLINEテクニック 見出し7

ユート

絵文字やスタンプってどう使えば良いかな?

使いすぎるとチャラいし、全く使わないと陰キャっぽいし…

悩むなら、相手に合わせると良いゾウ

モテるゾウ

家族や仲の良い友人相手なら気軽に使えるのに、好きな人とやりとりでは使い方に迷うのが絵文字やスタンプです。

「使いすぎるとチャラい」、「全く使わないと暗い」と思われるというのはユート君の言うとおりですが、さじ加減が難しいですよね?

ではどうするのか。

絵文字やスタンプの使い方は相手に合わせましょう。

全く同じものを使うと気持ち悪がられてしまうので、雰囲気やニュアンスが似たものを使うのがポイントです。

メッセージを返す頻度や文字数と同じですね。

絵文字の使いすぎには要注意

女性の中には、大量の絵文字を使う人がいます。

メッセージの半分くらい絵文字というヘビーユーザーもいますが、合わせてしまうとドン引きされるリスクがあります。

ユート

え、女性に合わせるんじゃないの?

限度というものがあるゾウ

モテるゾウ

大量の絵文字を使う女性でも、絵文字を使いすぎる男性は苦手なことが多いです。

絵文字ばかりのメッセージが届いた場合は、似たものを1~2個チョイスして使う程度にしておきましょう。

ポイント

・絵文字やスタンプの使い方は相手に合わせる

まとめ

モテる男のLINEテクニック、いかがでしたか?

全てのテクニックをマスターするのが理想ですが、それなりに時間とやる気が必要です。

まずは、「これならできそうだ」というテクニックから試してみましょう。

もしかしたら、すでに実践している内容もあったかもしれません。

もし実践しているのにモテていないなら、この記事に書いてある他のテクニックと組み合わせてみてください。

どのテクニックも、単発で活用するより組み合わせた方が相乗的に効果が高くなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA