モテるゾウが恋愛相談受付中

鼻毛が濃いと恋を逃す!抜かない方がいい理由と男の鼻毛ケアの正しい仕方

鼻毛が濃い男

ユート

今日はリコちゃんと映画を見に行くんだ♪

うん、髪型も服もバッチリだ!

…ユートよ、何か忘れていないか?

モテるゾウ

ユート

え?

肌ケアOK、ヒゲは剃って唇もリップを塗ったし…

スマホもハンカチ・ティッシュも持ってるよ

…鑑の前でにっこりと笑ってみるんだゾウ

モテるゾウ

ユート

ニッコリ?

こうかな…

あ!

身だしなみに気を遣う男性は増えていますが、見落としがちなのが鼻毛のケアです。

「鼻毛1本で100年の恋が終わる」と言われるとおり、鼻毛が出ていると女性にドン引きされます。

髪型や服装で「オシャレだな」、「さわやかだな」と思ってもらえても、濃い鼻毛が1本出ているだけで、女性の気持ちは氷点下まで急降下します。

モテるために積み重ねた努力が全てが吹き飛び、「不潔な鼻毛男」というレッテルを貼られるのです。

時間とお金をかけた髪型や服装も、必死に身につけたモテるキャラも台無しです。

たかが鼻毛と思うかもしれませんが、女性に与えるネガティブな影響は計り知れません。

この記事では、女性が鼻毛男を嫌う理由、鼻毛が生える理由とはみ出す原因、鼻毛ケアの仕方5つのメリット・デメリットについて解説します。

女性が鼻毛男を嫌う理由

鼻毛の男

鼻毛が出ている男性を見かけたら、どう思いますか。

好きな女性のかわいい鼻の穴から鼻毛がのぞいていたら、どんな気持ちになりますか。

不快さですよね?

あなたが抱いた不快さを100倍にしたものを、女性は鼻毛男に対して感じます。

「鼻毛が出てるくらい、たいしたことないでしょ」と思っているうちは、モテない男として人生を歩むと思って思ってください。

鼻の穴からはみ出した鼻毛は、見た人に不快感を与えます。

女性は、鼻毛が他人に与える影響を十分に理解しているので、身だしなみの一つとして鼻毛ケアをしています。

そして、男性も鼻毛をケアするのが当然だと思っており、鼻毛男を見かけると、強い不快感を覚えて距離をとろうとします。

具体的には、次のような理由から不快感を覚えます。

  • 不潔
  • 身だしなみを整える意識が足りない
  • 自己管理ができていない
  • 他人への配慮が足りない

ユート

ええ!

不潔だけじゃないんだ!

濃い鼻毛が1本、わずかに鼻の穴から見えているだけで、男の評価は地に堕ちてしまうゾウ

モテるゾウ

ユート

髪型とか服とか気にしてる場合じゃないね…

いくらモテるために努力を積み重ねても、鼻毛ケアを怠ると全て無駄になるんだゾウ

モテるゾウ

鼻毛はなぜ生える?

鼻毛はなぜ生える

鼻毛は、身だしなみの観点からは「ムダ毛」以外のなにものでもありませんよね?

胸毛、わき毛、すね毛と一緒に「ムダ毛四天王」と呼ぶ人もいるくらいです。

でも実は、鼻毛にはなくてはならない重要な役割があります。

  • フィルター機能
  • 加湿機能

鼻毛のフィルター機能

鼻毛には、鼻呼吸で空気と一緒に鼻の穴に入る異物をからめとり、気管支に入り込まないようにするフィルター機能があります。

空気中に含まれる、雑菌やホコリといった体に悪影響をもたらす異物が体内に侵入するのをブロックしているのです。

鼻毛の保湿・保温機能

鼻毛は、鼻の穴の中の湿度や温度を一定に保ち、鼻の粘膜の乾燥を防ぐ保湿・保温機能もあります。

吐く息に含まれる水蒸気が鼻毛に吸着し、吸う息で蒸発することにより、鼻の穴の中を常に一定の状態に保っているのです。

ユート

大切な役割を担っているんだね

でも、はみ出さないでほしいなあ

男性の鼻毛がはみ出しやすい原因

男性の鼻毛ははみ出しやすい

ユート

鼻毛が出ている男はよく見かけるけど、鼻毛が出ている女の子ってあまり見ないな

女でも鼻毛が出ている人はいるゾウ

でも、男の鼻毛は女より太く、長く、そして濃いから目立つんだゾウ

モテるゾウ

男性は、女性よりも圧倒的に鼻毛がはみ出しやすいです。

「女性が男性より鼻毛に気を配っているから」ということもありますが、一番の理由は男性ホルモンです。

鼻毛は、他の体毛と同じく男性ホルモンの影響を受けます。

そのため、男性の鼻毛は、女性より太く、長く、濃くなりやすく、鼻の穴からはみ出しやすいのです。

女性でも放置すれば鼻毛がはみ出しますが、男性よりも細いのであまり目立ちません。

鼻毛は年齢が上がるほどはみ出しやすい

鼻毛は、年齢が上がるほど鼻の穴からはみ出しやすくなります。

10代よりも20代、20代よりも30代の男性の方が鼻毛がはみ出すリスクが高いということです。

これには、鼻毛のヘアサイクルが影響しています。

鼻毛は、ある程度の長さまで伸びると成長が止まって自然に抜け落ち、新しい毛が生えるというヘアサイクルを繰り返します。

そして、ヘアサイクルの周期は、加齢とともに長くなることが分かっています。

そのため、年をとると、鼻毛が生えて抜け落ちるまでに時間がかかるようになり、若いときよりも長く伸びるようになるのです。

ユート

鼻毛が出ているおじさんやおじいさんが多いのはヘアサイクルのせいなのか…

年を取ると、若いときよりも身だしなみに気を遣う男が減るという理由もあるゾウ

モテるゾウ

鼻毛は抜かない方がいい?

鼻毛は抜かない方がいい

「鼻毛は抜かない方がいい」という話を聞いたことはありませんか?

鼻毛脱毛の方法はいくつもありますが、抜き方を間違えると怪我や体調不良の原因になってしまいます。

鼻毛を抜くデメリット

鼻毛を抜くデメリットは4つあります。

鼻毛の機能低下

鼻毛の2大機能であるフィルター機能と鼻の中の保湿・保温機能が低下します。

その結果、異物が体内に侵入しやすくなり、鼻の粘膜も乾燥して、風邪をひきやすくなったり、アレルギー反応を起こしやすくなります。

急性アレルギー反応が起こると、命を落とすリスクもあります。

嗅毛が抜ける

嗅毛というのは、私たちがニオイを感じるのに必要な器官です。

鼻毛脱毛の方法によっては、と一緒に嗅毛まで引き抜いてしまうことがあります。

嗅毛が抜けると、嗅覚がにぶくなって日常生活にも支障が出ます。

鼻の粘膜が痛む

鼻毛を抜くことで鼻の粘膜が痛みます。

粘膜が痛むと保温・保湿機能が弱まり、鼻の中に雑菌が繁殖しやすくなります。

また、出血するリスクもあります。

毛穴に菌が感染する

鼻毛を抜いた後の毛根に菌が付着し、感染症にかかります。

例えば、毛嚢炎、鼻せつ、丹毒などの感染症にかかり、日常生活に支障が出てしまいます。

毛嚢炎は、悪化すると脳炎や髄膜炎といった命に関わる病気を合併するリスクがあります。

男の鼻毛ケアの仕方:鼻毛脱毛で処理

男の鼻毛ケアの仕方

男の鼻毛ケアには「抜く」方法と「切る」方法があります。

鼻毛を抜く方法は、次の4つです。

  • 手で抜く(毛抜きの使用も含む)
  • ブラジリアンワックス
  • 脱毛クリニック
  • 脱毛サロン

手で抜く、ブラジリアンワックスを使う、クリニックやサロンを利用する方法があります。

手で抜く(毛抜きの使用も含む)

鼻毛を手で抜く方法は、百害あって一利なしです。

強い痛みを伴うだけでなく、鼻の中の環境の悪化、粘膜の損傷、菌の感染とあらゆるデメリットがふりかかります。

「手軽で良い」と思うかもしれませんが、リスクが大きすぎるので絶対に控えてください。

ユート

毛抜きを使えば良いんじゃない?

手で抜くのと大差ないゾウ

鼻毛を抜いて体調を壊したくなければ、止めておくんだゾウ

モテるゾウ

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックス(脱毛)というのは、脱毛したい部位にワックスを塗り、固まったワックスごと毛を引き抜くアンダーヘアの脱毛法です。

最近は、鼻毛脱毛用のブラジリアンワックスが登場し、着実に利用者を増やしています。

脱毛クリニックやサロンに通うより安く、切るよりも効果が持続するのがメリットです。

「手で抜くのと同じリスクがある」という口コミ評判が多いですが、リスクがあるのは使い方を間違えた場合です。

ワックスの使用方法と注意点を十分に理解して正しく使えば、ローリスクで鼻毛を抜くことができます。

ユート

強い痛みは避けられないよね…

痛みはあるゾウ

ただし、引き抜く瞬間の痛みが病みつきになる男も後を絶たないゾウ

モテるゾウ

ブラジリアンワックスを使った脱毛は、鼻毛をまとめて一気に引き抜くので、痛みを感じるのはごく短時間です。

脱毛クリニック

脱毛クリニックと言えば、ヒゲやわき毛などのムダ毛処理がメジャーですが、鼻毛脱毛を取り扱っているクリニックも増えています。

最大のメリットは、永久脱毛施術を受ければ鼻毛の不安から半永久的に解放されることです。

個人差はありますが、少なくとも1~2年は鼻毛ケアの必要がないので、「最近は処理してないけど、鼻毛出てないかな」と焦らずに済みます。

また、医師などの経験豊富な有資格者が施術し、問題があればその場で対応してくれるので、安心して脱毛できます。

一方で、他の鼻毛脱毛と比べて費用が高いことと、多少の痛みを伴うことがデメリットとして挙げられます。

脱毛サロン

脱毛サロンにも、鼻毛脱毛施術を受けられるところがあります。

脱毛クリニックとは鼻毛を抜く方法が異なり、痛みが少ないのがメリットです。

でも、脱毛サロンは医療機関ではありません。

医師や看護師の資格を持たない人が脱毛を行いますし、医療行為の「永久脱毛」はできません。

永久脱毛と比べて効果が薄い減毛施術しかできず、一定の脱毛効果を出すには、クリニック以上に何度も通わなければなりません。

施術中に問題が生じた場合も、その場では対応してもらえず、医療機関を受診することになります。

鼻毛脱毛の種類とメリット・デメリットまとめ

抜き方 メリット デメリット
手で抜く

(毛抜き含む)

・なし ・強い痛み

・鼻毛機能低下

・鼻の粘膜損傷

・毛穴に菌が感染

ブラジリアンワックス ・切るよりも効果が持続

・クリニックより安価

・同上
クリニック ・永久脱毛可

・有資格者が施術

・説明も十分

・アフターフォローが充実

・費用が高い
サロン ・最も痛みが少ない ・脱毛に通う回数が多い

・永久脱毛不可

・施術者は医師ではない

正しい処理の仕方を実践すれば安全に鼻毛脱毛ができる

鼻毛は、鼻の穴というデリケートな部位に生えており、他の体毛と同じ感覚で安易に処理するのは危険なので、デメリットを詳しめに書きました。

しかし、鼻毛脱毛を諦める必要はありません。

手で抜く以外の鼻毛ケアは、正しい処理の仕方を実践すれば、安全に鼻毛を抜くことができます。

特に、脱毛クリニックなら、経験豊富な有資格者に任せられますし、万が一の場合のアフターケアも万全です。

モテるために鼻毛の悩みを今すぐ解決したいなら、まずはクリニックの無料相談を受けてみて、納得できれば永久脱毛を受けてはどうでしょうか。

驚くほど簡単に、鼻毛の悩みから解放されますよ。

男の鼻毛脱毛は危険?デメリット5つとアイドルや芸能人に人気&安全なやり方を解説

男の鼻毛処理の仕方:切る鼻毛ケア

男の鼻毛処理の仕方

ユート

いきなり鼻毛を抜くのはハードルが高いかな…

それなら、切る鼻毛ケアをするんだゾウ

モテるゾウ

鼻毛ケアは「抜く」方法が注目されがちですが、「切る」という選択もあります。

鼻毛をカットするときは、鼻毛ハサミまたは鼻毛カッターを使います。

鼻毛ハサミ

最も手軽な「切る」鼻毛ケアは、ハサミで鼻毛をカットすることです。

モノを切るハサミを使うと鼻の中が傷つくリスクがあるので、先っぽが丸い鼻毛ケア用のハサミを使いましょう。

鼻毛カッター

鼻毛ハサミよりも安全に鼻毛をカットしたいなら、鼻毛カッターを使う方法があります。

ハサミより単価が高いですが、切り残しの心配が少なく、効率的かつ時短でカットできるのがメリットです。

電源を入れ、先端部分を鼻の中に差し入れて軽く動かすだけで、あっという間に鼻毛がカットできます。

1つ購入して持ち歩く習慣をつければ、外出中にヒョッコリ鼻毛を見つけてもサッと対応できますよ。

切る鼻毛ケアの種類とメリット・デメリットまとめ

鼻毛ケア用品 メリット デメリット
鼻毛ハサミ ・手軽 ・定期的にケアが必要
鼻毛カッター ・安全

・効率的

・切り残しの心配が少ない

・手軽

・同上

切る鼻毛ケアに共通するデメリットは、定期的なケアが必要ということです。

理想的なのは、毎朝の身だしなみチェックで鼻毛を処理することですが、忙しくて鏡に向かう時間もないという男性もいるでしょう。

それでも、2~3日に一度は鏡の前で鼻毛チェックをしてください。

デートの前だけ確認すれば、好きな女性の前で恥をかくことはないかもしれません。

でも、1週間以上放置すると高い確率で鼻毛がはみ出すので、職場で指摘される可能性はありますし、それが女性の耳に届くことも考えられます。

モテるゾウの体験談

モテるゾウの体験談

私は、20代の頃から鼻毛と悪戦苦闘を繰り広げてきました。

鼻毛が気になり始めてから、「切る」鼻毛ケアを欠かさず続けていました。

でも、20代後半で部署を移動して仕事が忙しくなると、チェックの間隔が1週間、2週間と空くようになりました。

そして、忘れもしない30歳のバレンタインデーの前日。

女性の同僚から「鼻毛、出てるよ?」と指摘されるという大失態を演じてしまいました。

ショックのあまり、バレンタインデーは急病を理由に欠勤しました。

その翌日、職場の女性全員から「あ、鼻毛男が来た」と言わんばかりの冷たい目線を送られたことは、今だに苦い思い出です。

これがきっかけで鼻毛の怖さを思い知り、二度と同じ轍を踏まないために「抜く」鼻毛ケアに切り替えました。

最初は、毛抜きで抜く暴挙に出ましたが、ブラジリアンワックスに出会って病みつきになりました。

しかし、1年ほどで面倒くさくなり、「このままでは同じ失態を繰り返す」という不安が頭をよぎったので、永久脱毛を受ける決意をしました。

約1ヶ月間にわたって鼻毛脱毛の方法やクリニックを調べ尽くし、最終的にゴリラクリニックで合計6回のレーザー脱毛施術を受けました。

結果、20代から約11年間も続いた鼻毛の悩みから解放されました。

「また生えてくる」「ケアしたけどはみ出てたらどうしよう」という強い不安が、ウソみたいに解消しました。

もし、あなたが今、かつての私と同じように鼻毛のことで真剣に悩んでいるなら、鼻毛脱毛を考えてみてください。

手間と費用はかかりますが、鼻毛の不安から解放された生活が手に入ります。

鼻毛を気にして、鼻の前に手をやることがなくなります。

口角を上げたときに鼻毛が顔を出す心配もなく、思いっきり笑えるようになります。

自分に自信が持てるようになるので、積極的に女性にアプローチできますし、女性にモテる機会も増えます。

まとめ

鼻毛には体を守る大切な役割がありますが、鼻の中からはみ出していると女性に嫌われます。

女性にモテたいなら、髪型や服装、肌ケアに気を配るだけでなく、鼻毛チェックも欠かさないようにしましょう。

鼻毛ケアの方法には「切る」と「抜く」があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

「切る」鼻毛ケアは、手軽で安全なのがメリットですが、定期的なケアが必要で、「処理を忘れる」というリスクが付きまといます。

一方の「抜く」鼻毛ケアは、鼻毛の機能低下などのリスクがあります。

しかし、正しい仕方でやれば、安全に鼻毛を処理できて、鼻毛の不安を気にせず生活できるようになります。

鼻毛の悩みがそれほど深くない人や、定期的なケアを続ける自信がある人は、「切る」鼻毛ケアで十分でしょう。

一方で、鼻毛問題で真剣に悩んでいる人や、こまめに鼻毛を切るのが面倒だと思う人は、「抜く」鼻毛ケアが向いています。

「鼻毛がはみ出しているかもしれない」という不安が強く、人前に出るのもためらう場合は、私のように脱毛クリニックで永久脱毛を受けることをおすすめします。

まずは無料相談からでも良いので、鼻毛の不安から解放された明るい未来のために、一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA